シリーズ1の発売以来、長いことピンキーいじってきて感じ始めていたこと・・・
それは・・・「動かしてぇ」ということ。
そう思ったきっかけはやはり「
ふらっとさん 」とこのぱふぇちゃんを見たことによります。
グリグリ動く彼女を見て正直すげぇと感じました。
おいらもいつかは動かしたいなぁと夢見ておりました。
しかし現実はというと、そんな事する技術も時間もありません。
おいらには無理だ・・・と半分あきらめかけていました。
そんな時「
東神田さん 」が提唱されていた「各ユーザー毎のピンキーの差別化」の話を読んで、
このままじゃイカンと一念発起しました。
やる前に出来ないと決めつけるのはカッコ悪い。
やってみなけりゃわかんない。
そう思い可動化改造へ取り組むことにしました。
その過程を下にまとめてみました。
今回 犠牲になってもらう 可動化に挑戦していただくのは#002ちゃん。
腕を可動させると考えた場合、パーカー着てる彼女がヒネりやすそうだったからね。

まずは両腕をクラフトのこで切断。
固定させないとふらついて難しかったです。
そして切断完了。
もしおいらがバラバラ殺人でも起こしたらこのページを見つけられていろいろ言われるんだろうなぁ・・・
バラバラ殺人だけはやらないようにしよう。

同じく両足も切断します。
うわ・・・変に切れちゃった・・・
長さがまちまちになっちゃったヨ・・・
昔なんかのコメディー映画で両足を少しずつ切っていき、長さが合わずどんどん短くなっていくってのがありましたね。
ポリアカだったっけ?
もしくはザ・カンニングだったか? 思い出せねぇ。

今回可動部に使用するのは「WAVE」の「B・ジョイントS」。
切り取った腕側にピンドリルで2oの穴を開けます。
貫通しないように細心の注意を払いながらグリグリ掘っていきます。

その開けた穴にジョイント凸パーツを差し込みました。
うむ、ぴったりだ。
このあと切り取った面をルーターで丸める加工をしました。

次に本体側にもドリルでるんるんくるるんるん♪(誰も知らないっての)
大きめの穴を1個開ければイイんですが、そのあとの作業効率を考えて3個ほど開けます。
どうして3個開けるかは次項。

その開けた穴をルーターで拡大。
前項で3個開けたのはこの時作業が楽になるように。
1個だけだと削るのに時間かかりすぎます。
今回初めてルーターを使ったんだけど、こんなに便利な道具だとは思いもよりませんでした。
削れまくり。
勢い良すぎて塗装も剥げまくり(涙)

このくらいの空間を確保しました。
その穴にジョイント凹パーツを埋め込みます。
これで上半身はとりあえず形にはなったかな?

次に下半身の作業に移ります。
切り取った両足に腕と同じくピンドリルで2oの穴を開けます。
なんかこの写真生々しいネ。

その穴にジョイント凸パーツを埋め込んで、足は完成。
どうでもいいことなんだけど、この凸パーツって人生ゲームのコマみたいだね。
最近の人生ゲームにも付いてるんだろうか?
ホントにどうでもいいことですね。

次に股部ですが、こちらはサイズが小さいためジョイント凹パーツは使用せず。
穴を開けサイズ調整しながらジョイント凸パーツを直接差し込むことにします。

ルーターで削る際にガシガシはみだしてしまい塗装が剥げてしまったのでリペイントしました。
Mrカラーの「キャラクターホワイト」と「ライトブルー」を使用。
色塗るの慣れてないからムラになっちゃった・・・

そしてジョイントパーツを瞬間接着剤で固定し、いよいよ完成。
わーい、できたー、できたー。
正面から見ると本体と腕の隙間がちょっと目立つ・・・かな?

このくらいの可動ならできます。
さすがに独立させるのはきびしいので武器セットの土台を使用。

キン、キン、キングゲイナー♪(ずっとコレがやりたかった)
と、こんな感じで出来上がりました。
思ったほど難しくなかったです・・・・ウソです、泣きそうになりながら作業してました。
このやりかたならちょっとがんばれば誰でもできると思いますのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
肘や膝に関節を増やすとかしてみてはいかが?

(C)VANCE/BABY Sue

inserted by FC2 system